中古住宅瑕疵保証サービス

売主様にも買主様にも安心を『拓生土地地所 中古住宅瑕疵保証サービス』検査費用・5年間の保証料・管路特約費用は全て拓生土地地所が負担いたします!

目次

「中古住宅瑕疵保証サービス」とは

「中古住宅瑕疵保証サービス」とは、中古住宅の購入後(買主様)/売却後(売主様)に建物の瑕疵(雨漏り・建物構造上主要な部分の瑕疵・管路等※)が発見された場合に、その補修費用を最高1,000万円まで保証するサービスです。

引渡し日から5年間の保証となり、その間に住宅に瑕疵が発見された場合、1,000万円を上限に補修をさせていただきます。

このサービスは【検査】と【保証】がセットになっており、専門の検査事業者が検査を行い、物件に瑕疵が発見された場合は、その検査事業者が買主に保証者として対応いたします。

売主様と買主様、双方のご心配を減らし、安心と安全の保証をご提供いたします。

※検査料・5年間の保証料・管路特約費用は拓生土地地所が負担いたします。

売主様・買主様のメリット

売主様のメリット

買主様のメリット

通常、中古住宅の個人間取引では瑕疵担保責任は免責での契約が大多数です。つまり保証が全くございません。
お引き渡し後、住宅に瑕疵が見つかった場合、特約がない契約では、その補修費用は全て買主様のご負担になります。
また、お引き渡し後の瑕疵は多くのトラブルを招き、売主様、買主様の費用面、精神面での大きなご負担になります。

そんな売買トラブルを防ぐため、拓生土地地所では「中古住宅瑕疵保証サービス」をお奨めしております。

売却(購入)前に第三者の検査専門事業者による建物検査を行い、検査に適合すれば「適合住宅」として国土交通省認可の瑕疵保証保険に加入することが可能となり、5年間、最大1,000万円までの保証を受けることができるのです。

(万が一、事前検査に適合しなかった場合でも、非適合部分の補修を行った後に再検査を行って適合すれば、保証を受けることが出来ます。)

住宅購入に係る税の軽減措置(参考)

「住宅ローン減税」や「登録免許税」において、下表の効果が期待できます。

<例>
●【住宅】木造一戸建て(非耐火建築物 築年数21年) 【売主】個人 【買主】個人
●3,000万円の住宅(建物評価額400万円)を、頭金1,000万円、金利2.0%、返済期間30年で購入
●年収450万円、会社員、4人家族(専業主婦、高校生、中学生)

※金額や金利はあくまで目安です。

制度 瑕疵保険あり 瑕疵保険なし 差額
住宅ローン減税
(最大200万円)
160万円
(10年間)
なし 160万円
(10年間)
登録免許税 移転登記 1.2万円
(400万円×0.3%)
8万円
(400万円×2%)
6.8万円
抵当権
設定登記
2万円
(2,000万円×0.1%)
8万円
(2,000万円×0.4%)
6万円
買主負担軽減合計 172.8万円の軽減

「中古住宅瑕疵保証サービス」について

(1)中古住宅への不安と求められるサービス

近年は価格・場所などの理由から、中古住宅の購入をお考えの方も多くいらっしゃいますが、「引渡し後に欠陥が見つかったらどうしよう・・・」「欠陥住宅じゃないよね?」「見えない部分が心配」などと言った不安の声も良く聞きます。

実際に「中古住宅を購入しない理由」(右記グラフ)のアンケートをとったところ、中古住宅の性能や品質に対する不安から中古住宅を購入しないと答えた方が多数いらっしゃいました。

また、「中古住宅購入時に求めるサービス」(下記グラフ)のアンケートを取ったところ、保証制度や診断制度を求める声が多く、「何か問題があったときに保証してくれる制度」と答えた方は40%以上にも上りました。

やはり、中古住宅の購入を考えてはいるものの、性能や品質に対する不安から躊躇している方が多いようです。

中古住宅を購入しない理由
中古住宅購入時に求めるサービス

(2)拓生土地地所の「中古住宅瑕疵保証サービス」

売主様にも買主様にも“あんしん”を。

中古住宅の売買に関する様々な不安やトラブルを解決するため、拓生土地地所では「中古住宅瑕疵保証サービス」の取扱いをはじめました。

住宅を事前に検査、保証し、引渡し後の不安を解消することで、安心してお取り引きいただけます。

売主様・買主様に安心を提供するサービス、それが「中古住宅瑕疵保証サービス」です。

拓生土地地所 中古住宅瑕疵保証サービス
「中古住宅瑕疵保証サービス」とは

一般的に個人間売買の中古住宅は契約書に瑕疵担保責任の負担有無と期間が明記されております。通常は免責での取引が多く、その場合は引渡し後のトラブルは全て買主様のご責任・費用負担になるためトラブルの発生の要因になります。

拓生土地地所の「中古住宅瑕疵保証サービス」では、売却(購入)前に第三者の検査専門事業者による建物検査を行い、検査に適合すれば「適合住宅」として国土交通省認可の瑕疵保証保険に加入することが可能となり、5年間、最大1,000万円までの保証を受けることができます。

売主様も買主様も“あんしん”の保証です。

売主様・買主様のメリット

5年間、最大1,000万円までの充実保証!さらに、検査費用・5年間の保証料・管路特約費用は拓生土地地所が負担します!

「中古住宅瑕疵保証サービス」では、5年間という長期に渡って最大1,000万円までを保証するという充実した保証内容となっております。

また、お客様のご負担を少しでも軽減できるよう、保証サービス加入時に発生する費用(検査費用・5年間の保証料・管路特約(オプション)費用)は、全て拓生土地地所が負担させていただきます!

中古住宅売買の前に、是非「中古住宅瑕疵保証サービス」へのご加入をご検討ください。

【5年保証】【最大1,000万円まで保証】【検査費用・5年間の保証料・管路特約費用は拓生土地地所が負担】

(3)「検査」と「保証」で不安解消!売却後も安心の保証です。

「売却後に瑕疵が発覚。」そんなときでも安心の「中古住宅瑕疵保証サービス」

売主様から見た「中古サービス瑕疵保証サービス」の流れ

保証の対象となる基礎構造部分等

中古住宅建物保証の対象となるのは建物の基本構造部分です。これは既存住宅かし保険と同じ範囲です。
かし保険の対象となる基本構造部分とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律および同法施行令で定められた柱、基礎等の構造耐力上主要な部分および外壁、屋根等の雨水の侵入を防止する部分を指します(右図参照)。

●給排水管路
対象住宅またはその敷地内に設置された給水管、給湯管、排水管(雨水を排除するため住宅に設ける排水管のうち、当該住宅の屋根もしくは外壁の内部または屋内にある部分を除く)、または汚水管をいいます。ただし、水道事業者、水道管理者または下水道管理者が所有または管理する部分および設備機器に係る部分を除きます。

●電気設備
対象住宅に設置された受変電設備、配線、開閉器盤、動力盤または分電盤をいいます。ただし、電気事業者が所有または管理する部分を除きます。

●給排水設備
対象住宅またはその敷地内に設置された受水槽、揚水ポンプ、加圧・増圧ポンプ、高架水槽、温水器、雑排水ポンプ、湧水排水ポンプ、汚水ポンプまたは桝をいいます。ただし、水道事業者、水道管理者または下水道管理者が所有または管理する部分を除きます。

●ガス設備
対象住宅またはその敷地内に設置されたガス配管または中継遮断弁をいいます。ただし、ガス事業者が所有または管理する部分を除きます。

木造(在来軸組工法)の戸建住宅の例

(4)「この家は大丈夫…?」中古住宅で買主様が不安に思うこと

中古住宅の購入を検討されているお客様から、「設備は大丈夫?」「見えない部分に不具合が無いか不安…」など、中古住宅に対してご心配される声をよく聞きます。

実際に中古住宅の購入を希望しているお客様を対象に『中古住宅の購入を検討する際に不安に思うこと」を聞いたアンケート(下記グラフ)では、設備に対する不安を選んだ方が多く見られました。

また、同アンケートで「瑕疵担保責任保険の対象物件か」を選んだ方が41.4%と第9位の結果に、『「瑕疵担保責任保険」への加入は必要だと思うか』(下記グラフ)のアンケートでは「必要ある」「加入して欲しい」と答えた方が約67%にものぼりました。(「必要ない」と答えた方は全体の0.6%)

この結果から、消費者は中古住宅の設備や不具合に不安感をもっており、だからこそ瑕疵に対しての保証を強く求めていることが考えられます。

中古住宅の購入を検討する際に不安に思うことは?
「瑕疵担保責任保険」への加入は必要だと思うか

中古住宅瑕疵保証サービスの仕組み

中古住宅瑕疵保証サービスの流れ

保証対象部分

  1. 構造耐力上主要な部分の瑕疵<基本的な耐力性能を満たさない>
    小屋組、屋根版、斜材、壁、横架材、柱、床版、土台、基礎など
  2. 雨水の侵入を防止する部分の瑕疵<防水性能を満たさない>
    屋根、開口部、外壁など
  3. 管路・設備
    (管路・設備担保特約)給排水管路、給排水設備、電気設備、ガス設備

保証の種類

保証の種類 内容
修補費用・損害賠償保証 瑕疵を修補するために必要な材料費、労務費、その他の直接修補に要する費用
争訴費用保証 瑕疵保証責任に関する解決のために必要となる訴訟、裁判上の和解もしくは調停または仲裁、示談に要した費用
求償権保全費用保証 事故につき被保険者が第三者に対して損害賠償その他の請求権を有する場合に、その権利の保全または行使について必要な手続きを行うために要した費用
事故調査費用保証 事故が発生したことにより住宅の修補が必要となる場合に、修補が必要な範囲、修補の方法または修補の金額を確定するために調査に要した費用
仮住まい費用保証 保険対象住宅の修補期間中に転居を余儀なくされた買主から請求を受けた宿泊、住居賃借または転居に要した費用

中古住宅瑕疵保証サービス 料金表

検査費用・5年間の保証料・管路特約費用は、全て拓生土地地所が負担いたします。

売主様、買主様に“あんしん”を提供いたします。

保証期間 支払限度額 建物検査料 保証料 合計
5年間
(管路等の特約あり)
1,000万円 0円 0円 0円

拓生土地地所「中古住宅瑕疵保証サービス」概要

お申し込み前に、下記のご確認をお奨めします

●床下および屋根裏の点検口(床下収納庫など)が必要となります。
●シロアリ被害は駆除と補修が必須となります。
●雨漏り跡(雨漏りらしきものも含む)は補修等が必須となります。(跡が残っている場合も不適合となります。)
●検査時に水道が使用できない場合は不適合となります。(漏水や漏水跡がある場合も不適合となります。)

検査項目は多岐にわたりますが、上記だけでも事前にご確認いただくことをお奨めいたします。

物件所在地 鶴岡市、酒田市、東田川郡庄内町、東田川郡三川町の、都市計画区域内、市街化区域及び、都市計画区域、非線引き区域内の中古住宅・中古マンション
対象物件

一戸建て・新耐震基準(昭和56年6月1日以降に建築確認を受けて建設された住宅)

※建築確認通知書と検査済証が紛失された場合、建築確認済証、検査済証の台帳写しが必要になります。

※事業用物件を除きます。

媒介条件 専属専任・専任媒介(媒介期間3ヶ月)かつ当初の媒介価格(売出価格)が当社査定価格の125%以内で価格設定されること。
保証内容 構造耐力上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分、給排水管路、電気配線、ガス管などの瑕疵(不具合)
保証期間 引渡し日より5年間
対象者 拓生土地地所媒介にて「中古住宅瑕疵保証サービス」適合物件を購入された個人
(当社規定の仲介手数料をお支払いいただいた方)
保証条件

拓生土地地所による建物検査を実施し適合の判定を受けること

※検査については外部委託。

※指摘事項の補修費用は売主様ご負担になります。

検査会社

日本住宅品質検査センター株式会社(建物検査)

※本検査・保証は、目視可能な範囲の検査結果および打診による検査結果に基づき、一定期間に生じた特定の事象について保証をするものであり、建物の故障・不具合が生じないことを保証するものではありません。

住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社住宅あんしん保証
このページのトップへ